ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

絵本読み聞かせと森のカードづくり 下川小学校1年生

6月11日、下川小学校1年生を対象に
森林環境教育が開催されました。

今回は絵本読み聞かせと森のカードづくりです。
町の施設「フレペ」で絵本読み聞かせのあと、
歩いて桜ケ丘公園の森まで行って、
お気に入りの木を題材に自分だけのカードをつくります。
どんなのができるかな???

幼児センター森のあそびに通っていた子どもたちに
小学校で再会できるので僕もわくわくしながらのスタートです。

小学校からバスに乗ってフレペへ移動。
フレペに到着したらきちんとならんで、
絵本読み聞かせのはじまりはじまり。
b0196837_1818664.jpg

昨年に引き続き、町内の「絵本読み聞かせの会」の
方々にご協力頂きました。
さすが、一瞬にして空気が変わりました。
みんな引き込まれてます・・・。

使った絵本は「百年たってわらった木」
なかなか友達ができない一本の木が主人公のお話しです。
公民館図書室に置いてあります!

お話しのあとは、桜ケ丘公園まで移動です。
b0196837_18182220.jpg

抜けるような青空!

万里の長城についたら、15cm×15cmの画用紙を手に、
森の中を自由に歩いて「お気に入りの木」を見つけて友達になります。
b0196837_18183565.jpg

あっちに行ったりこっちに行ったり・・・
穴の空いた木と興味深げに対面したり。
b0196837_18185325.jpg

お気に入りの木を見つけたら、
木に名前をつけましょう!
みんなどんな名前をつけるのか、楽しみです。
名前をつけたら、木のお絵かきをします。
b0196837_1819592.jpg

腰かけて描いてる子を発見。なんか羨ましい。
b0196837_1819196.jpg

絵を描いたら、森の中の素材を拾って・・・
b0196837_18193273.jpg

フレペに戻ります。

フレペでは、描いた画用紙に森で拾った素材で飾りつけ。
葉っぱを貼ったり・・・。この木の名前はながちゃん。
b0196837_15251720.jpg

ドングリをつけたり。
b0196837_18195471.jpg

木の名前はおもしろちゃん。笑。
確かに、おもしろい木だ・・・。

そうして出来上がったみんなのカードを展示して・・・森の絵本!
b0196837_1820116.jpg

なかなかの迫力。
下川小学校1年生の「お気に入りの木」
6月末までフレペに展示しますので、
みなさんぜひ見に来て下さいねー。
b0196837_18202274.jpg

[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-06-17 18:17 | 下川小学校

学校林の測量と経済価値調査 下川商業高校2年生

6月17日(金)下川商業高校2年生を対象に
森林環境教育が開催されました。
学校林の測量を行い、経済価値を測定します。

測量では旭川市の株式会社ティンバーテックさん
にお越し頂き、ご協力頂きました。
ありがとうございました!

まずは教室にて説明。
「学校林の林班の一部が与えられて、
そこに生えている木を全部売って、おこずかいにしても良い!
価格は、1㎥あたり9,000円。」
という設定のもと、いったいいくらになるのか、
学校林のお値段を測定します。
測定にはICT技術を用います。

この学校林、道と町で「分収契約」なるものが交わされており、
実際に木材を販売して収入を得ることも見越されている場所です。
これから高校生のみなさんが算出する学校林のお値段は
とても重要な数値なのです。

ティンバーテック社長から測定方法についてガイダンス。
プロから話が聞ける貴重な機会です。
b0196837_1516515.jpg

b0196837_15162937.jpg

実際にやってみよう、ということで、室内練習。
これは、レーザー距離計。
測定物までの距離と、角度から樹高を測定できる装置です。
慣れるまではちょっとぎこちない・・・。
b0196837_15165295.jpg

練習のあとは、学校林に移動しての活動です。

役場の斎藤さんからも学校林のお話を頂きました。
b0196837_1517673.jpg

学校林には、林班の中に25m×25mのプロットがとってあり、
あらかじめプロット内の樹木に番号をマークしておきました。

林班の面積をGPSで測定します。
これが、GPS。
b0196837_1517326.jpg

グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System)の略で、
人工衛星を利用して地球上の位置情報を割り出すことができます。
b0196837_15175318.jpg

頭につけるこの装置で宇宙の衛生をキャッチするわけです。

そしてプロット内の番号がふってある樹木の高さ(樹高)を、
さきほどのレーザー距離計を使って測定。
樹木の太さ(胸高直径)は輪尺という道具を使用して測定します。
これが、輪尺。
b0196837_1518437.jpg

ここだけはアナログな作業をして頂きました。

データを集めたら、
高校に戻って、パソコンルームにてデータ入力作業です。
b0196837_15182265.jpg

GPSで測定した情報を入力すると、
なんとたった今測定してきた位置情報がgoogle earth上に
載せられるのです!
こんな感じ。
b0196837_15191690.jpg

各班の測定した林班の外周を重ねて比較することもできます。
b0196837_15192955.jpg

その後、樹木を円錐に見立てて、
胸高直径=底面の直径
樹高=円錐の高さ
としてプロット内の木材の合計体積を求め、
面積比から林班全体の合計体積を求めました。
円錐の体積は1年の末に学習済みとのことでしたので、
復習も兼ねて取り組みました。

そして、試行錯誤しながらExcellを使って
なんとか合計体積を算出できました。

算出した体積[㎥]に単価9,000円を掛けて・・・。
出てきた数字にみんな大喜び!

が、、、それで終わりではありません。
ここから、伐採・搬出にかかる費用や
森づくりにかかる費用を引くと・・・
みんなの顔色が徐々に険しくなっていきました。

林業活性化や森づくりを進めていくには
1㎥あたりの単価(今回は9,000円)を上げていくことが一つの方策で、
そのためには暮らしの中で国産木材をもっと使っていくことが重要、
と斎藤さんからのお言葉。

今回の実習をとおして、体と頭を使って
森林の経済的価値について考えました。
商業高校のみなさん、森林を見る目が変わったのでは?
私も大変勉強になりました。
森林の有する様々な価値について知り、考え、議論していくこと、
大事ですよね。

プログラム終了後、先生、学生さんにプログラムの評価アンケート
にご協力を頂きました。
こちらの結果も後日報告します。どきどき。

ご参考までに今回使用したワークシートを掲載します。→こちら
もとのファイルデータが欲しい方(いるかな?)はご一報ください・・・。
[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-06-17 15:06 | 下川商業高校

春の親子遠足 下川町幼児センター森のあそび

6月1日(水)下川町幼児センター春の親子遠足で
森のあそびが開催されました。
いつも遊んでいる桜ケ丘公園で、
お父さん、お母さんと一緒に自然と遊ぼう!

今回は遠足です。
みんなテンション最高潮。
お天気にも恵まれました。
くるみさんは幼児センターから歩いて到着です。
b0196837_11571282.jpg

いつものお約束
「ものを勝手に口の中に入れない」
「大人の見えないところまで行かない」
「木のぼっこを振り回さない」
をきちんとした後で、
今日はお父さん、お母さんといっしょにゲームを行いました。

公園の中を自由に散策して、
自然のものでおもしろいと思ったもの、興味をもったものを
マス目に絵や文字で埋めていきます。
全部埋まったら、先生からご褒美がもらえるゲームです。
幼児センターの先生方が準備して下さいました。

いつも遊んでいる場所のおもしろいものを
お父さんやお母さんと見つけよう!

元気の森にやってくる子たちもいました。
シラカバの葉っぱはここ数日で
急に大きく、たくましくなっていました。
b0196837_11572888.jpg

おや?
おもしろいものをみつけました。
これはなんでしょう???
b0196837_11574388.jpg

正解は、ドングリ。
ドングリから芽が出ていました。

以前来た時は根っこしか出ていませんでしたが、
あれからさらに成長して、
くっきりと葉っぱの形もわかるくらいに芽が出ていました。

私も興奮気味に、探す探す。
密集している場所を発見。
b0196837_11575982.jpg

お父さんお母さんもとても興味深く見ていました。
ドングリがミズナラの木になることを初めて知った!という方も。
森には四季折々の発見がありますね。

さて、ゲームを終えたあとは、親子でチキチキバンバンを踊りました。
衝撃の光景に愕然としてしまい、
せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいました・・・。

お腹がすいたところで、お待ちかねのお弁当。
b0196837_11581569.jpg

シラカバの木漏れ日の下で、楽しくご飯を食べました。

今日はみんな一段と元気。
さぞかしぐっすり眠れることでしょう・・・。

今日は僕もひとつ覚えたことがあります。
「オーズ」
植物の名前ではないですよ。
↓これです。
b0196837_11582954.jpg

みんなのヒーローだそうです。
オーズのウィンナー、おいしく頂きました・・・。
ごちそうさまです。
[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-06-01 17:58 | 幼児センター

よもぎ摘み 下川町幼児センター 森のあそび

5月25日(水)下川町幼児センター森のあそびが開催されました!
桜ケ丘公園で、みんなでよもぎを摘もう!
摘んだよもぎは、後日幼児センターでお団子づくりに使います。

五月晴れでとても気持ち良かったです。
森は、シラカバの新緑がとてもすがすがしい。
b0196837_12531817.jpg

シラカバの樹皮をさわってみるこどもたち。
b0196837_12534454.jpg

「ザラザラしてる!」
「たたくと粉がまう!」
「皮がはがれる!」
樹の表面ひとつとっても、いろんな気づきがありました。

さぁ、元気の森ではさっそくよもぎ摘みです。
b0196837_12551245.jpg

毎年摘んでいるから、もうどれがよもぎかわかっている子どもたち!
すごい!
いたるところで
「採れたー!見てー!」
b0196837_12554393.jpg

こんな仲間を発見。
b0196837_12562335.jpg

調べてみたところ、おそらく、ブチヒゲカメムシ。
稲の穂を食べてしまうそうです。

昆虫も活発に動き出す春。
桜ケ丘公園はその名のとおり、桜がたくさん咲きます。
毎年訪れる桜のスポット、今年はちょっと遅かったですが、
まだ綺麗に咲いていました。
b0196837_1331913.jpg

みんな、綺麗さに圧倒されていましたね。

桜もちが食べたくなりました。
すぐに食べもののことを考えてしまうのも春ならではですねー。

おまけ。
ペットボトルですくったため池のオタマジャクシ。
みんなの人気者です。
b0196837_1344367.jpg

[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-05-25 12:45 | 幼児センター

枝打ち体験 下川中学校2年生

5月10日(火)下川中学校グラウンドにて下川中学校2年生を対象に森林環境教育が開催されました!
グラウンド脇の防風林の枝打ちを行います。

まずは、教室で枝打ちについてレクチャー。
木製の板と円柱材を前に、グループごとに節がなぜできるのか、考えました。
「枝のあと」
「枝のなごり」
いくつか出た意見には、みんな「枝」が含まれていました。

その通り!
生きた枝が巻き込まれると「生節」、
枯れた枝が巻き込まれると「死節」ができます。
死節のある板は価値が下がるので、枝打ちを行うわけです。
b0196837_1052526.jpg

枝打ち方法のレクチャーの後は、
実際に室内で実演してもらいました。
b0196837_10535257.jpg

うまくできました!
というわけで、みんなで実際にグラウンドの防風林を枝打ちしましょう!
b0196837_10544778.jpg

b0196837_10553142.jpg

うっそうとした林の中をひとつずつ丁寧に枝打ちしていきます。
みんな、意外に夢中。
b0196837_105646.jpg

この防風林、植えられて20年くらいは経っているでしょうか。
みんなのお父さんお母さんくらいの世代の先輩の方々が植えたのかもしれません。
それをみんなが手入れして、後輩に引きついでいきます。
b0196837_10573494.jpg

みんなでやればあっと言う間!
ずいぶん見通しがきくようになりました。
風通しが良くなると、病害虫の発生や病気の発症を抑えることにもつながります。

町内のみなさんも、中学校の防風林を一度ご覧くださいねー。
[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-05-10 10:37 | 下川中学校