ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

体験の森 下川町幼児センター森のあそび

8月24日(水)森の遊びが開催されました。
今回は体験の森にて行いました。
ふだんよりもずっと深い森に、
どんな出逢いがあるか、みんなワクワクドキドキ。。

みんなでエコハウス美桑の脇の道から
体験の森に入っていきます。
b0196837_1063695.jpg

森の中はとても涼しいです。
さっそく、不思議な形のものを見つけました。
何かのサナギ?頭にトゲが。
b0196837_10727.jpg

木のトンネルが出現~。
みんなでくぐりました。
b0196837_107225.jpg

ふだん遊んでいる森よりも、
すっくと背の高い樹がたくさん生えていました。
b0196837_107423.jpg


みんなで見上げました。

他にも、不思議な歯型!?や
b0196837_108935.jpg

動物のフンや。。
b0196837_1082232.jpg

何のフンかな?
「キツネー」「ウサギー」と、みんな口々に。
鹿のフンですよー。

どんどん道を進んでいくと、
立っている樹を柱にしたデッキがあります。
みんなで登ろう!
b0196837_1083882.jpg

高いところから、「みんな~、お~い」。
b0196837_1085128.jpg

森が違うと、出会えるものも違いますね。
今回はいつもとひと味違う森のあそびになりました。

これから秋に向かって移りゆく自然と、また楽しく遊びましょうね。
b0196837_109134.jpg

[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-08-24 10:04 | 幼児センター

夏の森 下川町幼児センター森のあそび

7月20日(水)下川町幼児センター 
森のあそびが開催されました。

夏の森を感じよう!
今回は旭川、名寄、町内から
総勢4名の方々にボランティアにお越し頂きました。
おかげさまでとても楽しく賑やかな森のあそびになりました!

天気にもめぐまれました。
b0196837_11353581.jpg

池の脇にはわたがしみないた「ガマの穂」があり、
ボランティアの方にとってもらって
みんなでふわふわをさわりました。
b0196837_11363444.jpg

池をぐるっと一周するときれいな花をたくさん見つけました。
b0196837_11394437.jpg

スイレン。
見ごろでした!

元気の森に行く途中のシラカバ林は
強い風にふかれて揺れる揺れる。
迫力満点でした。
b0196837_11402920.jpg

元気の森に到着!
夏の森は活き活きと生命がみなぎっています。

地上に緑があふれる一方で、
土の中はどうなっているだろう?
落葉をかき分けて、みんなで掘ってみました。
b0196837_11415616.jpg

夏は土の香りも一段と濃くて、
「臭い~」
という子もたくさんいました。
掘っていたらアリの巣も見つけました!

みんなで木のぼりもしました。
b0196837_11444725.jpg

「木のぼりしたことない!」
という子も、登れそうな木をみつけて頑張っていました。

夏の森でみんな体いっぱい遊びましたね。
気持ちいいくらい、元気いっぱいでした。
今しか会えない森の仲間たちとどんどん仲良くなりましょう!
b0196837_1144778.jpg

[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-07-22 11:48 | 幼児センター

LEAF研修に行ってきました!

下川町の森林環境教育は、今年度から
環境教育に取り組む国際団体FEE(国際環境教育基金)さんの
森林環境教育プログラム
LEAF(Learning about Forests)を実施しています。

2006年度に幼児センターの子どもたちに
「森のあそび」を行うことから始まった
下川町の森林環境教育。
プログラムの質をさらに高めるために
LEAFに基づいて実施しています。

そのためには私自身の質も高めていかねばなりません。。。

というわけで
7月16-17日、東川のキトウシ森林公園家族旅行村で開催された
LEAFプログラムの研修に行って来ました。

森の生活の他にも道内NPOでLEAFに取り組む
ねおすさんやもりねっとさんも参加。

LEAFプログラムの特徴の1つは、
下記のように6つのステップに基づいて
プログラムが組み立てられていることです。

ステップ1 野外で楽しく学ぶ
ステップ2 自然を体感して気付く
ステップ3 環境のしくみを理解する
ステップ4 人間と自然の相互作用を理解する
ステップ5 環境問題に自分なりの判断を下す
ステップ6 未来に対して責任を持つ

ステップが進んでいくにつれて、
大人でもなかなか難しいですね。

下川の場合、幼児センターではステップ1や2を中心に行い、
学年が進んでいくにつれてステップ5や6に近づいていく
というふうにプログラムを組み立てています。

また、森林環境教育というとどうしても森の生態について
学ぶものと思いがちですが、
LEAFでは「文化的、環境的、経済的、社会的」といった
さまざまな切り口から森林について考えたり感じたりすることが
求められます。

下川でも、人と森林の関係には様々なものがあります。
(山菜採り、林業、森林散策、狩猟、などなど)
その1つ1つが重要で、理解していくことが大切ですよね。

それに加えて、LEAFプログラムでは
子どもたちが
「主体的に自ら考える」
「気付きと共有を通して多様な意見を理解する」
ことをとても大切にしています。

これ、大人でも難しい。
でも住みよい社会をつくる上で、とても重要なことですよね。

特定の考えを教えることが目的ではなくて
子どもたちが主体的に行動するのをサポートする
のがインストラクターの役割になります。

言うがやすし、行うのはなかなか簡単ではありません。。
自分自身、素直に学び続けていくことが必要だと感じた
わけであります。

研修では、参加者同士で
プログラムを実施し合う機会もありました。
色んな意見を頂き、とても勉強になりました。
今回の研修で得た色んな気付きは、
子どもたちにもきっと活かせられると思います。

LEAFプログラムはホームページ上こちらからダウンロード可能です。
ご興味がおありの方はぜひご覧ください。

今後ともご理解ご協力よろしくお願い致します。
[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-07-18 10:38 | 番外編

プログラム事後アンケート結果 高校2年生「学校林の測量」

6月16日に実施した下川商業高校2年生のプログラム「学校林の測量」
について、後日、生徒の方々と先生にプログラムの評価をして頂きました。

アンケート用紙はこんな感じです
合計34名の方々にご回答を頂きました。

それぞれの質問の平均点は下記のとおり。

●今回の森林環境教育は楽しかったですか。・・・3.94
GPSなどの機械を用いて測量するという
「これまでやったことのない体験ができた」
ので楽しかったという意見が多かったです。
計算が難しく大変だったという意見も多かったです。

●進行は親切でしたか。・・・4.44
丁寧、わかりやすかった、という意見が多かったです。

●配布した資料はわかりやすく、役に立ちましたか。・・・4.03
わかりやすいという意見が多かったですが、
計算などが少し難しく感じた人もいたようです。
次回はexcellの計算式を記入しておくなどして
もう少しサポートを入れておきたいと思います。

●活動内容はいかがでしたか。・・・4.15
樹の値段を出す意味がわかり良かった、
という意見が多かったです。

●安全に作業できましたか。・・・4.76
みなさん、安全に作業できたようです。
服装、ハチに出会った時の対応、など、
事前にお願いしたことをしっかり守って頂きました。

●今後も森林や自然環境に関する活動に取り組んでいきたいですか。・・・4.00
「きれいな空気が気持ちいい」「自然が好き」という人がすごく多かったです!
一方、「虫が嫌いだからあんまり・・・」という人も目立ちました。

●自由記述
森林環境教育でやってみたいこととしては、
木を切りたい、樹液をとってみたい、木で何かつくりたい、などがありました。
中には木の根の長さを測りたい、というディープな人もいました・・・。
私はむかし木の根の長さを測るアルバイトをしたことがあります。
ぜひやって頂きたいですね。

今回のアンケートは
自然体験活動推進協議会(CONE)の発行する
「自然体験活動指導者評価ハンドブック」
を参考にアレンジして作成しました。
指導者の評価と質の向上について多くの事例とともに掲載されています。
同様の活動をされていらっしゃる団体の方々にはとても役立つ内容だと思います。

回を経るごとにプログラムの向上をしていきたいですね。
ご支援よろしくお願い致します。
[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-07-05 16:04 | 下川商業高校

2011年度 ゆったりもりさんぽのお知らせ

告知が遅くなり申し訳ありませんが・・・
今年も森の中を散策するイベント「ゆったりもりさんぽ」を開催します!

今年は新たに夕方の時間帯にも開催します。
下川町在住の方々は無料です!
お誘い合わせの上、ぜひご参加下さ~い。
b0196837_1859428.jpg

ご年配の方から子どもまで、
みんなで楽しく「もりさんぽ」しませんか?

普段運動をされない方でも森の中をゆったり歩くと、
血圧降下や自律神経の働きを整える効果が期待できます。

森の話を聞きながらのんびり歩けば、
森のお花や動物たちとの思いがけない出会いがあるかも!?
季節に応じて、山菜を採ったり、フレペガーデンのハーブを活用したり…
楽しいプログラムを予定しています。

さんぽの前後で血圧測定をしますので、
継続してご参加頂くことでご自身の健康状態を把握しやすくなります。
コースは当日の天候などで決めます。

できるだけ前日までにお申し込みください。

【日時】
6月11日(土)10:00~12:00/18日(土)10:00~12:00
      /19日(日) 10:00~12:00/29日(水)18:30~20:00
7月9日(土)10:00~12:00/21日(木)18:30~20:00
8月20日(土)10:00~12:00
9月4日(日)10:00~12:00/10日(土)10:00~12:00
10月2日(日)10:00~12:00

【集合場所】
上記開始時間までにガーデニングフォレスト「フレペ」(桜ケ丘公園下)に集合ください。
※開始時間10分前に公民館前からフレペまでマイクロバス(無料)が出ます。ご乗車頂く場合は開始時間10分前までに公民館前にお集まりください。
(町営バス五味温泉行きのバスとお間違えないようご注意ください。)

【参加費】
下川町に在住の方・・・無料
下川町外に在住の方・・・大人:500円/小人:300円

【お申込み先】
NPO法人 森の生活 (TEL/FAX:01655-4-2606) [担当]麻生
※町民の方は無料です。
※悪天候の場合は中止となります。

主催:下川町・下川町公民館
主管:しもかわ森林療法協議会
[PR]
# by morinoseikatsu | 2011-06-27 19:02 | 番外編