ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

渓和森林公園 森の地図づくり 下川小学校2年生

9月27日(火)渓和森林公園にて
下川小学校2年生を対象に
森の地図づくりを行いました。

渓和森林公園で絵を描く画用紙を受け取り、
自由に公園内を散策して、
気になる場所、見つけた生きもの・自然のもの
の絵を描きます。
b0196837_1010985.jpg

渓和森林公園には色んなおもしろいものがあります。
森の学び舎
b0196837_109991.jpg

水の流れる木の幹
b0196837_1093971.jpg

川と池
b0196837_1095463.jpg

みんなで探検しました。
そして、色んな発見をしました。
草花に何かついてる???
b0196837_10102054.jpg

木のねもとに大量のキノコ!
b0196837_10102655.jpg

そして、ミミズ。。。
b0196837_101033100.jpg

絵を描き終えた後、フレペに移動しました。
b0196837_1018091.jpg

芝生の上で、描いた絵を白地図に貼って。。。
子どもたちの視点で描いた絵で
白地図がとてもにぎやかになりました!
b0196837_101049100.jpg

池で見つけた生きもの
b0196837_10105658.jpg

森のさんぽみちで見つけたもの
b0196837_10112062.jpg

森の学び舎
b0196837_10111449.jpg

きのこ!
b0196837_101195.jpg

ミミズ…
b0196837_1011493.jpg

今回制作した「森の地図」は
10月上旬までフレペ館内に展示しております。
b0196837_10211366.jpg

ぜひ足をお運びのうえご覧ください~。
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-27 10:07 | 下川小学校

森林のエネルギーについて考える & Plant Peace Day 下川中学校3年生

9月21日(水)、下川中学校3年生を対象に
森林のエネルギーについて考えるプログラムを
実施しました。

北海道では、他自治体に先駆けて平成13年に
「北海道省エネルギー・新エネルギー促進条例」を制定し、
化石燃料からのエネルギーシフトの促進を条例で定めています。

また下川町でも
木質バイオマスエネルギーをはじめとした
代替エネルギーの促進に積極的に取り組んでいますが
森林をエネルギーの視点から意識する機会は多くありません。

そこで、森の中で体感しながら、
木質エネルギー促進のためのアイディアをみんなで考え、
町長に提案するプログラムを実施しました。

ユニークで「あったらいいな!」
と思う提案がいくつもありました!
中学校3年生がまとめた提案の内容はこちら

この内容は、後日、町長にも伝えることになっています。

はじめに、渓和森林公園にて、
森の中に落ちている枝を集め、
木材の体積を表す一般的な単位「㎥」
を理解し、同じ発熱量の灯油の体積と比較しました。
b0196837_11264760.jpg

計算にはだいぶ苦労していたようです。。。

その後、下川町役場の斎藤さんから
現在、町でおこなわれている
木質エネルギー促進の取り組みの説明を受けました。
b0196837_1127522.jpg

それを踏まえて、アイディアをみんなで考えました。
b0196837_11271211.jpg

その後、場所を変え、
木質資源を自分たちの手で育むために
植樹を行いました。

植えたのは、トドマツの苗木。
b0196837_11273374.jpg

スコップで1人1本植えました。
b0196837_1128081.jpg

今回の植樹は国際的植樹イベント
Plant Peace Dayに参加し実施しました。

Plant Peace Dayは国連の「国際平和の日」にあたる
9月21日に開催され、
世界150カ国から5000以上の教育機関が
参加します。
後日、学校には参加したことに対する証明書が送られます。

同じ日に、世界中で子どもたちが平和を願い植樹しました。

最後に、木質エネルギー促進のための提案を、
班ごとに発表しました。

今回のプログラム実施には
札幌から下川へ若者ツアーでいらっしゃった
ツアー参加者の方とツアーを企画されたneethの方々にも
ボランティアとしてご参加頂きました。
b0196837_11285824.jpg

今回のプログラムは、ほんとうに様々な方にご協力頂き、
支えられ、実施することができました。
ありがとうございました!

今回植えた木が大きくなる頃には
どんな世の中になっているんでしょうね。
より良い未来を作っていきましょう!
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-21 11:25 | 下川中学校

【当日使用した資料の公開】下川小学校3年生 木の図鑑と樹名板をつくろう!

8月25日(木)下川小学校3年生 木の図鑑と樹名板をつくろう!
で使用したワークシートを掲載します。
他地域で同様の活動を実施されている方々などの
ご参考になれば幸いです。

当日の様子はこちら

樹種名を推理する際に使用したお手製の図鑑。
子どもたちに記入してもらったワークシート

森林環境教育実施のご相談などもお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

<<お問い合わせ先>>
NPO法人 森の生活[担当:麻生] 
TEL/FAX:01655-4-2606  
E-mail: tsubasa0831 ★ gmail.com  [麻生](★を@に変換ください。)
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-17 13:09 | 下川小学校

【事後アンケート】下川小学校4年生 間伐体験と木工場見学

9月9日(金)に開催された下川小学校4年生の
森林学習について、当日ご協力いただいた先生2名に
ご協力いただきました事後アンケートについてご報告です。
(当日の模様をアップする前ですが。。。)

設問ごとに「1←良くなかった~大変良かった→5」の5段階評価いただきました。
設問ごとの平均点を記載します。(「⇒ 私のコメント」です。)

・今回の森林環境教育は楽しかったですか。
4 ⇒ 間伐体験は貴重な機会と感じて頂けたようです。

・進行は親切でしたか(準備、移動、作業内容など)。
5 ⇒ 当日は役場から3名の方々にご協力頂くなど、多くの方にご協力頂きました。

・配布した資料やワークシートはわかりやすく、役に立ちましたか。
3 ⇒ 工場見学後のワークシートの活用に工夫の余地があったようです。次回の課題です。

・活動内容はいかがでしたか。
3.5 ⇒ 木工場での説明が全体に行きとどいていないとご指摘。次回はメガホンを使うなど工夫が必要。

・安全に作業できましたか。(安全面でヒヤッとしたことがあれば「理由」の欄ににご記入願います。)
5 ⇒ 間伐体験では安全に非常に気を使いました。子どもたちもしっかり約束を守れました。

・今後も森林や自然環境に関する活動に取り組んでいきたいですか。
5 ⇒ 必要性を感じて頂いているようです。

町の事業として取り組んでいる森林環境教育。
プログラムの評価とみなさまへの周知、
そして質の向上の参考材料として事後アンケートをさせて頂きました。
ご協力ありがとうございました!
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-17 13:01 | 下川小学校

下川小学校6年生 マイ箸づくり

9月16日(金)下川小学校6年生の
森林環境教育が開催されました。

札幌のチエモク株式会社さんに
講師としてご協力いただき、
木材の構造や樹種による木材の特徴の違い
そして木工について理解を深める場を
つくって頂きました。

チエモク株式会社さんは
道産材を中心に使用した手作りの木工小物の
製造・販売を行っています。
b0196837_12105853.jpg

チエモク株式会社 社長の三島千枝さん。
b0196837_12111086.jpg

木に見立てた段ボールを切って木目の見え方を
考えたり
b0196837_1211188.jpg

樹種ごとにルーペで観察して
導管の見え方を比べたり
b0196837_12112737.jpg

板のさわり心地、木目、においの違いについて
樹種ごとに観察したり
b0196837_12113540.jpg

木材の材質としての特徴や樹種ごとの違いについて
みんな楽しみにながら理解を深めました。

細い木の棒の先を水につけて息を吹くと
棒の先から気泡が出てくることも確認!
b0196837_1211436.jpg

木材が導管の集まりの構造であることを
実感しました。

また、身近な木製品にどんなものがあるか
みんなに考えてもらいもしました。
b0196837_12115248.jpg

たくさん出る出る…。木魚!?確かに(笑)
椅子、机、窓枠、棚、床、など
すべて漢字に「木」が入ってる!
という気付きもありました。
木の文化を感じます。

そして盛りあがったのが、
三島さんによる木工実演。

年季の入った道具たちがずらっと並びました。
b0196837_1212632.jpg

なぜかノコギリを使う工程では
みんな掛け声!
b0196837_12121341.jpg

目の前でみるみるうちに作品が出来上がっていく様子に
みんな興味津々でした。

そして、あっと言う間にかわいいストラップのできあがり!
b0196837_12122087.jpg

「欲しい!100万円で買います!」
と叫ぶ子も(笑)。

実演を見た後はいよいよ
自分たちでマイ箸を作ります。
今回はえこはしくん手作り箸キットを使用しました。

やすりで根気良くこすって
自分が使いやすい形に整えます。
b0196837_12124712.jpg

実演を見た後だからか、
みんな集中して取り組んでいました。

お箸づくりだけで終わりじゃありません。
お箸袋もつくりました!
b0196837_12125799.jpg

白い無地の布に、
ペンで描いたりやハンコを押したりして、
お箸袋も自作しました。
b0196837_12132210.jpg


最後に、三島さんよりマイ箸の手入れについて
説明がありました。
油をこまめに塗ること、水につけおきしないこと、
はじめのうちは洗剤をつけて洗わないことなど、
みんな真剣に聞いている様子から
マイ箸を大切に使いたい気持ちが伝わってきました。

作業後の感想では
やすりで削るのが大変だったようですが、
できあがった時にはとても嬉しくて、楽しかった!
という感想が多くありました。

「いつもお店で、木でできているキーホルダーなどを
見るけど、その一つ一つを職人さんがていねいに
作っていると思うとすごいなぁ~と思いました」
なんて感想もありました。
「つくっている人」に想いを馳せることの温かさを、
私も改めて感じました。

チエモク株式会社のみなさん、
ボランティアにお越し頂いた名寄市の大西さん、高橋さん、
おかげさまで充実した時間となりました。
ありがとうございました!

みんな、今日作ったお箸、大切に使って下さいね~。
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-16 12:09 | 下川小学校

焼き芋 下川町幼児センター 森のあそび

9月14日(水)森のあそびが開催されました。
前回の森のあそびで集めた落葉や枝葉を使って、
桜ケ丘公園で焼き芋をつくります!

集めた落葉を使って
b0196837_11121075.jpg

あらかじめ新聞紙とアルミホイルに包んである
サツマイモを焼きます。
b0196837_11121847.jpg

葉っぱをどんどん投げいれる!
b0196837_11122865.jpg

みんな、かなり煙にいぶされてました。
「目にしみる~」と言いながらも中が気になる子どもたち。
b0196837_11123548.jpg

そろそろかな?
と触ってみて柔らかければ焼けているしるしです。
パカッと割ると・・・
b0196837_11124477.jpg

ホクホク!
みんな1つずつもらって食べました。
b0196837_11125875.jpg

あちこちから
「甘い~」
「おいしい~」
と声が上がります。

秋の恵みを存分に味わいました。

道外から下川に滞在中の亀田さん親子にもお手伝い頂きました。
ありがとうございました!
b0196837_1113729.jpg

秋の下川を存分に味わっていらっしゃいました。。。

束の間の秋をめいっぱい楽しみましょう!
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-14 11:11 | 幼児センター

下川小学校4年生 間伐体験と木工場見学

9月9日(金)下川小学校4年生の
森林環境教育が開催されました。

当日プログラムの評価はこちら

渓和森林公園にて間伐体験をした後、
北町にある森林組合さんの工場を見学します。

まず渓和森林公園でグループに分かれて
「なぜ木を伐るのでしょうか?」
というテーマで話し合ってもらいました。
「小さい木に光を届かせて成長させるため」
という意見が多く出ましたが中には
「割り箸をつくるため」
とか
「役に立たないから腐っている木を切る」
なんていう意見も出ました。

そして木を切るための道具を紹介。
b0196837_15573266.jpg

古い大型のノコギリ(奥)と
現在使われているチェンソー(手前)を比べました。
実際には、小さな間伐用ノコギリを使用します。

間伐体験の前に、実演をみんなで見ます。
実演者はわたくし。
b0196837_15574392.jpg

緊張しながら受け口を切っているところ。
追い口をつくっていくと、
徐々にぐらぐらしてくるので
最後は押して倒します。
b0196837_15575317.jpg

b0196837_1558625.jpg

無事倒れました。
この木を伐った理由は、
・てっぺんに他の木の枝が覆いかぶさっていて成長の見込みが薄い
・まわりの木の成長を促したい
・下に生えている小さな木に光をあてる
理由で伐りましたと私の意見も述べました。

その後、班ごとに分かれて
各班1本ずつ間伐します。
各班1人、伐木経験のある大人が付きました。
b0196837_15581820.jpg

みんな、初めは慣れない手つきでしたが
すぐに上達していきました。
さすが、飲み込みが早い!
b0196837_15584191.jpg

回りの人はきちんと切れているか
声をかけてあげる役割です。

斜めに刃を入れて受け口をつくっているところ。
b0196837_15585558.jpg

とれた!
b0196837_15593295.jpg

そのあと、反対側から追い口をつくっていき、
ぐらぐらした状態で手で押すと、
倒れます。
b0196837_15594263.jpg

倒れた木の樹高や、年輪の数、
輪尺という道具を使って幹の直径も調べました。

使った道具はきちんと掃除も。
b0196837_15595111.jpg

では、伐採した木は、
町でどのように加工されているのでしょうか?

それを調べるために、
北町工場に移動です。
b0196837_16015.jpg

北町工場では、
加工中の木製品がたくさんありました。
中でも炭をつくる過程で生じる副産物を利用した
薫煙処理の匂いにみんな大騒ぎ。。。
b0196837_160870.jpg

そして、トドマツの枝葉から
精油をつくっている工場も見学。
フプの森というブランドの商品が
下川で作られています。
b0196837_1601914.jpg

担当の田邊より説明してもらいました。
みんな興味深々聞き入っていました。
それ、買ったことある!という子もいました。

最後に、みんなで班ごとに
「木工場の見学をして気付いたこと」
「あったらいいなと思う木の製品」
について話し合った後、発表しました。
b0196837_1605872.jpg

「木工場の見学をして気付いたこと」には
「しもかわの工場では木を大切に使っている。」
という意見がとても多かったです。
中には「僕もここで働きたい!」という声もありました!

「あったらいいなと思う木の製品」は、
ベッド、机、イス、という家具が多かったです。
他にも、木の車、ボート、
そして葉っぱの入ったジュースまで!
(味は、にがいらしい。)

ユニークな意見がたくさん出ました。

今日は半日かけて木を伐るところから加工するまでを
追いました。
伐った木の命を大切に活かす工夫を
みんなで考えていきたいですね。

ご協力頂いたみなさま、
ありがとうございました!

オマケ:服にくっつくタネを集めた子。
b0196837_1615842.jpg

[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-09 16:06 | 下川小学校

秋の遠足 下川町幼児センター 森のあそび

9月7日(木)森のあそびが開催されました。
この日は桜ケ丘公園で落葉拾いです。
来週焼き芋を焼くための落ち葉を集めます。

前日まで大雨で心配でしたが、
みんなの期待に応えて見事に晴れました!

一番年長のくるみさんは、
幼児センターから歩いて桜ケ丘公園に向かいました。
b0196837_12383042.jpg

フレペの前に展示してある
チェンソーアート大会EZOCUPの作品にみんな注目していました。
桜ケ丘公園に到着したら、さっそく森の中へ。
b0196837_12384225.jpg

風の強い日だったので、
森全体がうなっていてすごい迫力でした。
b0196837_12385287.jpg

落葉や枝を自由に集めよう!
と言ってみんな思い思いに散らばりました。
落葉を集めながらいろんなものに出会いましたが
今回特にすごかったのはキノコ!
b0196837_1239368.jpg

雨上がりの秋の森はキノコの楽園でした。。

「みてー、お茶碗みたい!」
b0196837_12391994.jpg

「バクダンキノコだ!おおきい!」
b0196837_12392825.jpg

「オバケみたい・・・」
b0196837_12393886.jpg

※この「ギンリョウソウ(ユウレイタケ)」は植物(多年草)です。

キノコあそびばかりしていたら
焼き芋が焼けなくなっちゃうよ!
と言われてみんな葉っぱもちゃんと拾いました。
b0196837_12403781.jpg

落ち葉にも、黒、黄、茶、薄緑・・・
といろんな色があることに気づきました。
「見てー」と言われて見てみると、
こんなにたくさん!
b0196837_12404956.jpg

来週の焼き芋、うまく焼けるかなー。
短い秋を楽しみ尽くしましょう!
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-07 12:38 | 幼児センター