ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

森林調査・間伐体験とトドマツ精油の製造・利用 下川商業高校1年生

10月20日、渓和森林公園にて下川商業高校1年生の森林環境教育が行われました。
b0196837_11465170.jpg

まずは森林調査のやりかたについて説明を受けます。
対象木は、今回も北海道の人工林の代表樹種であるトドマツです。
今回は樹高と、高さ130cm地点での幹の直径(胸高直径)を測定します。
昨日の中学生同様、樹高を測るのに樹高測定器を使用します。
b0196837_11484865.jpg

木のてっぺんが測定器の斜辺の延長線上と一致する地点を探し
b0196837_13331077.jpg

測定木からの距離をメジャーで測ります。
胸高直径も同じく、林尺で。
b0196837_11505037.jpg

さて、いよいよ間伐です。
良質な木材を育てるために林の成長を促したり、
下層植生を豊かにしたりという
間伐の意義を再確認したうえで
みんなで力を合わせて頑張ります。
b0196837_11511751.jpg

安全に十分配慮。
昨日の中学生が倒した木よりも、
太めの木をチョイスしてます。
b0196837_11532143.jpg

受け口をつくってから、追い口。
手順は同じです。

伐倒したトドマツの枝葉をとって、エッセンシャルオイルづくりを行います。
高温の蒸気で蒸すことで、枝葉の中に含まれている精油成分を取り出します。

北町の工場に場所を移して、窯につめる作業を行いました。
b0196837_11554177.jpg

カゴに枝葉をギュウギュウに詰め込みます。
詰め込み過ぎてカゴが壊れるんじゃないかというぐらい欲張っていました。
それを吊って操作して、いよいいよに窯に投入です。
幣法人 森の生活で精油の製造販売を担当している田邊の指導のもとすすめていきます。
b0196837_1415244.jpg

普段できない体験を前にずっとハイテンションの学生たち。

蒸留している時間は、
今年建ったばかりの町の施設ガーデニング・フォレスト「フレペ」にて
卓上蒸留機を使った蒸留体験と、
トドマツのエッセンシャルオイル等を使用して
ルームスプレーづくりを行いました。

卓上蒸留機に、先ほど採ってきた枝葉の一部をつめます。
b0196837_17442924.jpg

さっきのカゴに比べるとだいぶ小さく見えますね。
でも原理は同じです。
b0196837_1273287.jpg

左側の容器で蒸された、精油成分を含んだ上記が右の管に移動すると、
冷やされて液体になり、下の器にたまっていくというしくみです。
バケツは、管を冷やすための水を抜く際の受け皿の代わり。
たまった液体はちょうどドレッシングのように水の部分と精油の部分に分かれます。
その油の部分がエッセンシャルオイルです。
水の部分は蒸留水と呼ばれ、化粧水等として利用できます。
透明な容器なので蒸留の原理がよくわかりました。

ルームスプレーづくりは、少量のアルコールに精油を溶かすところから始めます。
b0196837_1327453.jpg

精油は、トドマツのエッセンシャルオイルをベースに、
ラベンダー、マジョラムなどを好みに応じてブレンドします。
その後、蒸留水を混ぜて完了。
オリジナルブレンドのルームスプレーが完成です。
1人1個、本日のお土産です。
b0196837_1332961.jpg

最後は工場に戻って、とれた精油の確認と、
蒸留後の枝葉を床に敷いて、お待ちかねの足浴です。
b0196837_13341635.jpg

立ち上る蒸気が気管支に良い影響を与えるそうです。
ロシアの民間療法にあるようですね。
みなさん、温かくて気持ちいいと好評でした。
b0196837_13362698.jpg

うーん、先生も満足げ。

1日かけて、林業の現場を実感する調査と伐採、
そして森林資源の利用について体験を通して学びました。
木材を可能な限り有効に利用し尽くす、
下川町のゼロエミッションの考え方が実感できたのではないでしょうか。
そして森に関わる多様な仕事があることも知りました。

11月2日には、士別市の翔雲高校さんとキャンパス交流事業があります。
みんな、今日学んだことを翔雲高校の方々にも伝えられるでしょうか・・・。
[PR]
by morinoseikatsu | 2010-10-20 10:50 | 下川商業高校

森林調査と間伐体験 下川中学校1年生

10月19日、渓和森林公園にて、下川中学校1年生の森林環境教育が開催されました。
森林の調査と間伐について学びます。

今回の調査では木の高さと、幹の太さを測定しました。
木の高さを測るのには樹高測定器を使います。
b0196837_15325995.jpg

45度、45度、90度の直角二等辺三角形の原理を用います。
斜辺の延長線上に木のてっぺんが重なる地点まで
測定器を覗きながら下がります。
その地点と木までの距離と
地面から測定した高さ(目の高さ)までの距離を足すと
木の高さが算出されるという仕組み。
b0196837_1550451.jpg

みんなが学校で勉強した知識が野外でこんなふうに活かされます。

測定し終えたら、間伐体験です。
人工林を適切に管理する必要性、
光が入らない森は次の世代の木が生えてこないことなど
説明を聞いた上で、実際に間伐を行いました。
b0196837_15362686.jpg

安全に配慮しながら、
班に分かれて作業に移ります。
受け口をつくってから、追い口。
切り株はこんなふうに段差ができます。
b0196837_15374149.jpg

倒れた木を、今度は実測します。
b0196837_15383853.jpg

枝が多くてメジャーを真っ直ぐ伸ばせない!
b0196837_15514726.jpg

のこで枝を切ってから再計測。
b0196837_15522096.jpg

測定器との誤差はどれくらいあったでしょうか?
私の班は、4mも誤差がありました・・・。
でも他の班よりも早く作業が終わったため、
抜倒した幹をのこで切って脚をつくって即席ベンチをつくりました。
b0196837_15422549.jpg

ひとやすみ。
後で確認したろころ、測定値と実測値の誤差が一番少ない班ではなんと10cm!
なんという正確さ。拍手!

その後、殺風景なツリーデッキの木柵に枝をつける作業をみんなで行いました。
森の中から枝を拾ってきて、適当な長さに切ります。
b0196837_1543596.jpg

木柵の外側と内側にとりつけました。
b0196837_15525669.jpg

離れて眺めるとこんな感じ。
b0196837_15444118.jpg

全部はできませんでしたが今後もコツコツ進めて行きます。

小学校でも行った間伐体験。
中学生になるとまた違った角度から捉えられたのではないでしょうか。
今回倒した樹木の枝葉は、明日の高校生のプログラムで一緒に集めて、
トドマツのエッセンシャルづくりで使用する予定です。
b0196837_1548153.jpg

[PR]
by morinoseikatsu | 2010-10-19 15:30 | 下川中学校

秋の森を感じよう 下川町幼児センター森のあそび

10月8日(金)、桜ケ丘公園にて森のあそびが開催されました。

最近気温もぐっと下がるようになり
寒くなって来ました。
そんな中、この日は小春日和。
b0196837_1531774.jpg

透き通った秋晴れの中、気持ちいい秋の森にお出かけです。
地面には、落葉のじゅうたんがひろがっていました。
子どもたち、大興奮。
b0196837_15321117.jpg

見上げると、シラカバの葉がすっかり紅葉しています。
b0196837_15323963.jpg

風がふくたびにはらはらと落葉が舞っていました。
子どもたち、落ちる葉をつかもうとしてましたが、なかなか捕まえられません(笑)。

秋の元気の森には何があるかな???
b0196837_1533941.jpg

おもしろいキノコがポコポコ出ていました。
b0196837_15343648.jpg

おそらく、ベニテングダケ。
毒キノコですね。

ドングリを探すと・・・
b0196837_15352410.jpg

落ちてる落ちてる!
今年は大豊作のようです。
b0196837_15354155.jpg

たくさん集めました。

こんなドングリも見つけることができました。
b0196837_15362260.jpg

殻をやぶって、根っこが生えてきています。
命芽生える瞬間。
子どもたちも興味深々でした。

束の間の秋を森の中で目いっぱい感じることができました。
冬はすぐそこです・・・。
b0196837_15423100.jpg

[PR]
by morinoseikatsu | 2010-10-08 15:28 | 幼児センター