ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

下川小学校6年生 マイ箸づくり

9月16日(金)下川小学校6年生の
森林環境教育が開催されました。

札幌のチエモク株式会社さんに
講師としてご協力いただき、
木材の構造や樹種による木材の特徴の違い
そして木工について理解を深める場を
つくって頂きました。

チエモク株式会社さんは
道産材を中心に使用した手作りの木工小物の
製造・販売を行っています。
b0196837_12105853.jpg

チエモク株式会社 社長の三島千枝さん。
b0196837_12111086.jpg

木に見立てた段ボールを切って木目の見え方を
考えたり
b0196837_1211188.jpg

樹種ごとにルーペで観察して
導管の見え方を比べたり
b0196837_12112737.jpg

板のさわり心地、木目、においの違いについて
樹種ごとに観察したり
b0196837_12113540.jpg

木材の材質としての特徴や樹種ごとの違いについて
みんな楽しみにながら理解を深めました。

細い木の棒の先を水につけて息を吹くと
棒の先から気泡が出てくることも確認!
b0196837_1211436.jpg

木材が導管の集まりの構造であることを
実感しました。

また、身近な木製品にどんなものがあるか
みんなに考えてもらいもしました。
b0196837_12115248.jpg

たくさん出る出る…。木魚!?確かに(笑)
椅子、机、窓枠、棚、床、など
すべて漢字に「木」が入ってる!
という気付きもありました。
木の文化を感じます。

そして盛りあがったのが、
三島さんによる木工実演。

年季の入った道具たちがずらっと並びました。
b0196837_1212632.jpg

なぜかノコギリを使う工程では
みんな掛け声!
b0196837_12121341.jpg

目の前でみるみるうちに作品が出来上がっていく様子に
みんな興味津々でした。

そして、あっと言う間にかわいいストラップのできあがり!
b0196837_12122087.jpg

「欲しい!100万円で買います!」
と叫ぶ子も(笑)。

実演を見た後はいよいよ
自分たちでマイ箸を作ります。
今回はえこはしくん手作り箸キットを使用しました。

やすりで根気良くこすって
自分が使いやすい形に整えます。
b0196837_12124712.jpg

実演を見た後だからか、
みんな集中して取り組んでいました。

お箸づくりだけで終わりじゃありません。
お箸袋もつくりました!
b0196837_12125799.jpg

白い無地の布に、
ペンで描いたりやハンコを押したりして、
お箸袋も自作しました。
b0196837_12132210.jpg


最後に、三島さんよりマイ箸の手入れについて
説明がありました。
油をこまめに塗ること、水につけおきしないこと、
はじめのうちは洗剤をつけて洗わないことなど、
みんな真剣に聞いている様子から
マイ箸を大切に使いたい気持ちが伝わってきました。

作業後の感想では
やすりで削るのが大変だったようですが、
できあがった時にはとても嬉しくて、楽しかった!
という感想が多くありました。

「いつもお店で、木でできているキーホルダーなどを
見るけど、その一つ一つを職人さんがていねいに
作っていると思うとすごいなぁ~と思いました」
なんて感想もありました。
「つくっている人」に想いを馳せることの温かさを、
私も改めて感じました。

チエモク株式会社のみなさん、
ボランティアにお越し頂いた名寄市の大西さん、高橋さん、
おかげさまで充実した時間となりました。
ありがとうございました!

みんな、今日作ったお箸、大切に使って下さいね~。
[PR]
by morinoseikatsu | 2011-09-16 12:09 | 下川小学校
<< 【事後アンケート】下川小学校4... 焼き芋 下川町幼児センター 森... >>