ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

春の親子遠足 下川町幼児センター森のあそび

6月2日(水) 森のあそび 春の親子遠足 が開催されました!
万里の長城でぐるりと囲まれた桜ヶ丘公園にある
子供たちのいつもの遊び場の森に
お父さんお母さんを連れて行ってあげよう!
いつも以上に大所帯、賑やかでした。

b0196837_16163914.jpg
桜ヶ丘公園では、
5月30日(日)に下川町で開催された北海道植樹祭で
植樹が行われました。
この木が育って森になるのは、
幼児センターのみんなが大きく育って
お父さんお母さんになった頃でしょうか。
それでは足りないかも知れませんね。

b0196837_1616538.jpg
元気の森に到着したら・・・

「それではここで自由時間を取ります。
自由に遊んでください!」
の声に、
戸惑う大人たち、
走り出す子供たち。

でもしばらくして、
あっちこっちで
「これ見て!」
「これ何!?」
と叫ぶ子供たちに引っ張られて、
お父さんやお母さんもだんだんと
森に馴染んでいきました。

そして、あるお母さんが
こんな物を見つけました。

b0196837_16171080.jpg
葉っぱの裏に、アワアワ。
アワの中を良く見ると白いイモムシのようなものが
動いていました。
なんじゃこりゃ!?
調べてみました。
その名も「アワフキムシ」!
カメムシ目の昆虫で、これは幼虫のようです。

そしてまた別の森へ。

b0196837_16172798.jpg
この森は公園の広場に近く、
下草がうすくて
たくさん枝分かれした
面白い形の木がたくさんあります。
木登りしたくなる場所・・・
と思っていたら、
やっぱり登り始める子供たち。
うーん、たくましい。

木登り以外にも、
「ハイジのような木のブランコを作りたいよねー」
なんて声が・・・
森の中の遊具、いいですね。

たくさん遊んだので、
お腹が空いてきました。
今日は、家族でお弁当です。

b0196837_16174527.jpg
「朝お母さんとつくったの」
なんて言う子もいて、エライ!

家族で公園の遊具で遊ぶことはあっても、
なかなか森で遊ぶことって無いと思います。
下川町は身近な森がいっぱいです。
森で楽しそうに遊ぶわが子を見て、
「週末は家族で森に遊びに行こう!」
なんていう家族が増えるかもしれません・・・。
[PR]
by morinoseikatsu | 2010-06-02 16:15 | 幼児センター
<< 高校林の測量 下川商業高校2年生 ヨモギを採ろう 下川町幼児セン... >>