ブログトップ

北海道 道北の小さな町 下川町の森林環境教育

lifeforest.exblog.jp

絵本読み聞かせと森の妖精づくり 下川小学校1年生

下川小学校1年生の森林環境教育が6月18日(金)に
桜ヶ丘公園にて開催されました。

今回は森の絵本を楽しんだ後、
森の中でビンゴゲーム
と森の妖精づくりを行いました。
森の妖精づくりってなに!?
後ほどご説明いたします・・・

まずは小学校にて絵本タイムです。
絵本読み聞かせの会の方にご協力いただき、
「百年たってわらった木」という本を読んで頂きました。

b0196837_1447137.jpg
感情のこもった読み聞かせに、
みんな真剣に聞き入っています。
主人公の木になったつもりで、
森について想像を広げます。

その後、
班ごとに分かれて、
ビンゴゲームのシートが配られました。
9つのマスにそれぞれお題がついていて、
お題に合う素材を見つけたらどんどんマスに貼っていきます。
お題は正解をつくらず、
子供たちの感性を活かせられるようにしています。
例えば「きれいな色」というマスには・・・
「これきれい!」といって手にとった女の子。

b0196837_14483942.jpg
落ちていた花びらをマスに貼ります。

ルールを確認したら、
桜ヶ丘公園の森にレッツゴー

森に入ると色んなものが見つかります。
次から次へ、
ペタペタとシートに貼っていきます。
「できたー!」

b0196837_14492947.jpg
すごい、9マスすべてクリア!
綺麗ー。

そして、すべての班の作品を見せあいっこ。

b0196837_14501213.jpg
「くさいもの」というマスに貼っているものを
みんなで嗅ぎ合いました(笑)

ビンゴゲームが終わったら、
次は森の妖精づくりです。

子供たちの前に現れた
男の子の絵。
ちょうど子供たちと同じくらいの背丈です。

b0196837_14504795.jpg
「これから、森の素材を貼ってこの男の子を森の妖精にしよう!」

要領はさきほどのビンゴと同じ。
でも今度はお題はありません。
班行動もありません。
森の中を歩き回ってピンときたものをどんどん貼っていき、
みんなでひとつの「森の妖精」を作ります。

b0196837_14511586.jpg
森の素材を見つけている間に、
いろいろなものに出会いました。

「でんでんむしだーっ!おっきい!」
と叫んだ子供のところに行ってみると、
・・・いました。

b0196837_14514177.jpg
おや?
殻にヒビが入っています。
どうしたんだろうね?
・・・発見が尽きません。

そんな間にどんどん森の妖精が出来上がっていきます。
完成!!

b0196837_1452225.jpg
ほぼ、原型がなくなっています(笑)
色んな葉っぱ、花びら、木の枝、樹皮、フキ・・・
いろいろ見つけて、いろいろ貼りました。
これ、注目!

b0196837_14524724.jpg
メガネのような木のかけらを見つけた子がいました。
メガネをかけた、妖精(笑)
おもしろい作品が完成しました。

多くの子が幼児センターで毎月森のあそびをしていたせいか、
みんな森の中での活動に慣れていますね。
色んなことをどんどん吸収する小さい頃に
自然が近くにあるって
とても素敵なことだと思います。

森の楽しさ、
友達どうしでつくり出していきましょう。
[PR]
by morinoseikatsu | 2010-06-18 14:45 | 下川小学校
<< 木の赤ちゃん救出大作成 下川小... 高校林の測量 下川商業高校2年生 >>